WZsoft WZ Writing Editor 2

Windows 10 の縦書き表示について

Windows 10 anniversary-update の更新をおこなうと、縦書きの「メイリオ」フォントにて、記号の向きが正しく表示されないなどのご報告がありました。
この現象は Windows のアップデートが原因と推察されます。
WZW2 では、下記の操作でフォントを変更すると正しい表示となります。

体験版から製品版の移行について

WZW2 体験版から製品版へ移行するには、下記の手順をおこないます。

製品版をセットアップすると、体験版の設定を引き継ぎます。
体験版の設定を製品版に引き継がない場合は、体験版をアンインストールしてから、製品版のセットアップを実行してください。

プレビュー版から製品版の設定引き継ぎについて

WZW2 のプレビュー版をインストールされた場合は、プレビュー版をアンインストールしてから製品版のセットアップを推奨します。

プレビュー版の設定を製品版に引き継ぐ場合は、下記の操作をおこないます。

製品版のアップデートの設定引き継ぎについて

WZW2 製品版は、ダウンロードページから最新版へのアップデートがおこなえます。
上書きアップデートを実行すると、各種の設定はそのまま引き継がれます。

WZW1 からの設定引き継ぎについて

WZ Writing Editor 1 の設定を引き継ぐには、下記の操作をおこないます。

縦書きの文字表示について

WZW2 の DirectWrite による縦書きのテキスト表示は、下記のフォントで動作を確認しています。

※「游明朝」「游ゴシック」フォントは、Windows8.1 以降の OS に標準で添付されています。

上記以外のフォントを使用するには、DirectWrite を OFF に設定するか、下記の「微調整」をおこないます。
DirectWrite を OFF に設定するには、設定プロパティシートの「基本」タブ「テキストの表示」グループ「DirectWrite」を「OFF」にします。

縦書きテキストの DirectWrite による表示には、下記の制約があります。

文字のベクトル表示について

WZW2 のベクトル表示は、DirectWrite とは異なる WZW2 独自の機能です。
「MS 明朝」「MS ゴシック」フォントは、16 ポイント未満ではビットマップでの表示となり、DirectWrite による高品質な表示に対応しません。
このような場合に WZW2 のベクトル表示を使用すると、TrueType によるベクトル描画が有効となり、ビットマップと比較して速度は低下しますが視認性が向上します。
ベクトル表示を ON に設定するには、設定プロパティシートの「基本」タブ「テキストの表示」グループ「ベクトル表示」を「ON」にします。

表示や速度について

文字の表示品質を良くしたいファイルメニュー「PDF 出力モード」を OFF
設定ダイアログ「DirectWrite」を「ON」に設定
テキスト表示を早くしたい設定ダイアログ「DirectWrite」と「ベクトル表示」を「OFF」に設定
起動を早くしたい設定ダイアログ「IME の初期化」を「OFF」に設定